HOME >   Styleメモ

2011.03.14 Monday

震災に遭われた皆さまには心からお見舞い申し上げます。

3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震で、
不幸にもお亡くなりになった方へ心からご冥福をお祈りします。
また、被害を受けられた方々に、謹んでお見舞い申し上げます。

被災地の一日も早い復興を株式会社スタイルエージェント一同、
心からお祈りしております。



株式会社スタイルエージェント 
社員一同

2011.01.01 Saturday

あけましておめでとうございます。


昨年9月末に初年度の決算を終え、
2期目に入り新しい年を迎えることが出来ました。
ひとえに会社立ち上げからお世話になった皆様のおかげです。
本当にありがとうございました。
今後ともお付き合いのほどよろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 会社設立と同時にお店を任せていただいた上、
 スタッフのリクルーティングまで協力いただいたNさま、Tさま。

 流通センター業務を鶴の一声で任せてくれたT所長。

 3店舗分の運営を託してくれたKさま。
 
 1年目の会社に介護予防デイサービス運営を指南していただき、
 立ち上げまでサポートしていただいたMさま。

 農業事業部【食職】でwebでの販売を一任してくれたSさん

 【食職】にてみかんを販売したい!という私のわがままを
 1年でかなえてくれた生産者のYさま、Kさま。
 
 特定派遣事業において専属的にオーダーをくださったMさま。

...まだまだ、たくさんの方々の応援をいただきました。
 
 大感謝です。


 そして、現場を支えてくれている社員・アルバイトの皆さま。
 行き届かないことばかりでしたが、
 たいてい、大目にみてくれてありがとうございます。
 皆さんから学んだことだらけ。いろんな話しを活かして
 慎重に会社を運営する所存です。
 

では、今年も叱咤激励よろしくお願いします。
がんばります。


おみくじは【吉】でした。
代表 奥谷


 

 

    
  

 

2010.12.31 Friday

獅子奮迅

皆様、こんばんは。

2010年も、残すところ数時間。
誰かが、「人生はドラマ」と言われていましたが、
本当にその通りですね。

政治、経済、文化をとっても、様々な事が起こりました。
特に経済では、目新しい話題が乏しく、景気復興の兆しが
明るくない年でありました。
只、経済にも人生にも「波」があります。
この波を、どのように捉え、どの方向性に向かうかで
モチベーションが大きく変わります。

皆様には、是非ポジティブ且つ、大胆に2011年を
お迎えして頂きたいと思っております。

最後に、2010年にお世話になった方々に感謝を込めて、
この場を借りて御礼申し上げます。
2011年が皆様、Style Agentの仲間、
関係者の方々、友人そして、家族にとって笑顔の絶えない
素晴らしい年になりますように。



株式会社Style Agent
専務取締役

2010.12.27 Monday

感慨無量

皆様、こんばんは。

本日は、当社アパレル部門の三田アウトレット組の
忘年会に参加してきました。
少し涙腺が緩くなる歳なのか、大変感動したので、ご報告迄。

実は、私亀井は、クリスマスが誕生日な事もあり、
主役でお祝いをされる事が多くありませんでした(笑)

ところが、本日の忘年会でサプライズ祝いが御座いました。
幾つになっても、童心は忘れませんね・・・

皆様、有難うございました。

株式会社Style Agent

2010.11.16 Tuesday

ひょんな再会

先週、約1年ぶりに戦友に会いました。

戦友といっても私より5つ6つ年上の人生の先輩であり、
個人的には助けられることばかりでしたが、、
同じ時期に悩み、戦った思い出を鮮明に記憶しています。

若かりしころの悩みは青い春で、
今となっては思い出すにむずがゆい時代。
このころ一緒に働いたり過ごした人は私のすべてを知っているような気がして今、会うのが恥ずかしかったりします。

そんなことで、忙しさにかまけて連絡を取るタイミングを失って、
あれれ、もう会うこともないのかなぁと思っていた矢先。
約1年ぶりにお好み焼き屋で偶然再会し、
ひょんなこと(農業への興味)で一緒に仕事しようか、、、
とごくごく自然になりました。
互いのことをよく理解しているので話が早い!

何の縁か、ひょんなことでまた会うことになるものです。
35歳にもなると若いころには一緒に遊んでいた友人なんかが、
やたらと偉くなって登場したりしてきます(笑)
中にはえらい老け込んだ人や、お腹が出ちゃってる人や、、、
久々会うと、皆、照れ笑いがやまないのでおもしろい。

なにより出会いは一期一会。
日々忙しく忘れがちですが大切にしようと思います。

2010.11.10 Wednesday

笑顔のフェニックス

私ごと。
シニアライフゆめ・からだ・しごと応援協会
    http://enjoy-senior.com/

というNPO法人の副理事長をしております。

愚直に真面目にシニアライフの充実の一助になるべく、
研究、活動をさせていただいている法人です。

弊社スタールエージェントの福祉介護事業はこのNPOの理念を踏襲すべく、
日々活動の指針としております。

私は当NPO法人の運営に携わることで会社のあるべき姿を見つめ直おし、
利益を追求する会社経営について、本当の意義を理解したいと考えています。


当NPOの理事長は理念を貫き通される60歳のPHOENIX。
どんな苦難あろうと笑顔で【生き方】を示してくれます。

私はNPO運営に携われることを誇りに思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
理事長、
この夏の出来事でさえ、私へは笑顔を通されていたお姿。
言葉にできませんが、しっかり感じているつもりです。

具体化しつつある新たなサービス、創りましょうね。



 

2010.10.25 Monday

手段と目的

 こんばんは、皆様。
弊社社長ばかりがブログを投稿しておりますので、
これからは専務取締役の私も発言していきます。

 最近の出来事で感じたのは、某地検特捜部の検事逮捕事件。
「地位と権力のバランスに溺れる者は、ビジネスに溺れる」と
感じた、考えさせられる事象でした。

 社会実現を実現する為に国家権力があるべきはずなのに、
独善的な権力を振りかざすために特捜部という正義の仮面と
検事の地位が使われ、エース検事の名声を得ていたとなると、
真実な社会正義が期待できるのか疑問になります。

論語の言葉に「位なきを憂いず、立つゆえんを憂えよ。
己を知られていないことを憂えず、知られるべきを為すことを求めよ。」
とあります。
地位のないことを憂うのではなく、地位に相応しい人間であるかを
憂うべきである。人に認められないことを憂うのではなく、人に認められる
だけの正しい行いができるように努力すべきである、という意味です。

 地位と名声に相応しい正しい行動こそが本来の目的であるはずなのに、
地位には権力が伴い、名声は自尊心を刺激するため、それらに対する
欲望はエスカレートしやすく、また腐敗も生み易いようです。

 ビジネスにおいても同じことが言えるでしょう。
役職には、権限と報酬がついてきますが、それらは健全な企業活動を
継続するための手段であって目的ではないことを、改めて認識させられました。

 私共、役員はもとより、各自がこのことを認識して邁進すれば、
素晴らしい組織になり、大きな社会貢献を果たせると信じています。

何か重い話になりましたが、本日はお酒が入っているので、悪しからず(笑)

株式会社Style Agent

2010.09.21 Tuesday

介護サービスの不安とモチベーション

弊社では、いつまでも自分の足で歩けるライフスタイルを提供したい一念で
介護予防デイサービススタイル六甲を営んでおります…

しかし、この「介護サービス」だけは大変難しい。

いずれ私も「介護」される立場になるのでしょう。
だけどサービスを提供する側はみな「介護」される立場にまだなっていない。
マーケティングをしたり、ヒアリングをしたりして、
最適な「サービス」を提供すべく日々取り組んでいますが、
サービスのすべては実体験することが不可能。
想像と独りよがりのサービスを提供しているのかも知れない…。


夜中、はたと目を覚ますことがあります。

「われわれのサービスはもしかすると逆効果ではないか?」
「来てくれているおじいちゃんおばあちゃんは、黙ってくれているだけで本心は違うのではないか?」


考えだすと眠れません。


こうなると毎回、
責任者である介護事業部長や事業所のスタッフに聞きます。

「そろそろ利用者さんの運動機能に変化は出てきた?」
「利用者さんは喜んでくれている?」

事業所のスタッフはみな口を揃えて、
「大丈夫ですよ。機能も少しずつ改善してきているし、皆さん喜んでくれていますよ。」
と自信をもって答えてくれます。

毎度ですが、私はスタッフの表情や言葉で少し安心します。
また何日かすれば、夜中に目が覚めるのですが…。


先日、事業所責任者の急用があったので
はじめて私が利用者さんを車で送迎することになりました。

昼下がりの厳しい日差しの中、
時間どおりにバス停で待ってくれていたおじいちゃんは、
運転席にいる私に、
「今日は○○さん(うちの責任者)はどうしたの?」
「○○さんは今日はお休みなの?」
「○○さんは事業所にはいるの?」と何度も聞かれました。


「帰りの送迎はいつもどおり○○さんといっしょですよ。」
「○○は事業所にいますよ。」
「たまたま、今日だけ私がお迎えに上がったんですよ。」
etc…


だいぶ長い時間説明差し上げた思います。
やっとおじいちゃんは安心されたのか、
「そうか…」と笑顔になりました。

私は、
こんなに楽しみにしてくれている利用者さんがいてくれること、
会うのを楽しみにされているスタッフがいることに、
うれしくなりました。

すべてのサービスの効果を計るのはとても難しい。
しかし、シンプルに「楽しい」と思ってもらえること、
運動能力向上を少しでも実感してもらうことを目標に、
やっていこうと思えました。

事業所の目的からすると全く趣旨が違いますが、
利用者の皆さんに「楽しみな時間」を提供できることも、
サービスのひとつであり、実はもっとも大切ではないか?

また、自問自答を繰り返します。

2010.08.06 Friday

梅拾い

先日、紀州南高梅の老舗 池本商店さんの梅農園へ
【梅拾い】を手伝わせていただきました。

梅の木と桃の木を間違えて「おおきな実ですね!」なんて
興奮しているS井社員なんかのことは気にも留めず、
梅の木たちは今年も立派な実を誇らしげにたくわえておりました。。

美味しい梅干になるんだよ。

IMG_3361.JPG画像 047.jpg

2010.06.03 Thursday

友達とおかんとありがとうについて。


先日、幼馴染の友達と飲みました。

私はというと、会社立ち上げてまだ半年、
ただただ、ばたばた、ひよこちゃん。

友達は、ほんと悔しいくらい頭のいい人で努力家で、
某大手通信会社で出世街道まっしぐら。

私のひよこトークにも真剣に聞き入ってくれて、
目から鱗のアドバイスなんぞくれる、優秀なお方なのです。

そのくせユーモアたっぷり、私の母と仲良しで勝手に2人で
お好み焼き食べに行ったりします。
私の父に「○○(おかんを呼び捨て)借りるで!」といって
出て行くようです。
(しかし親父も親父ですよね。)

そんな友達と居酒屋から出て、駅まで歩いている途中。
急に立ち止まり、真剣な顔で
「おまえが必要なら、会社手伝うからな。」って。

おいおい、
何を言い出すねん。
ありえへんやろ。
あほちゃうか。
よく考えろ。

・・・ほんま、ありがとう。

ほんまのありがとうはなかなか言葉に出せない、
詰まるのです。

だから、仕方ないのでこの場を借りて。

仕方ないのでおかんもどんどん借りて。ね。

<< 2/3 >>

PAGE TOP