HOME >   Styleメモ

2010.09.21 Tuesday

介護サービスの不安とモチベーション

弊社では、いつまでも自分の足で歩けるライフスタイルを提供したい一念で
介護予防デイサービススタイル六甲を営んでおります…

しかし、この「介護サービス」だけは大変難しい。

いずれ私も「介護」される立場になるのでしょう。
だけどサービスを提供する側はみな「介護」される立場にまだなっていない。
マーケティングをしたり、ヒアリングをしたりして、
最適な「サービス」を提供すべく日々取り組んでいますが、
サービスのすべては実体験することが不可能。
想像と独りよがりのサービスを提供しているのかも知れない…。


夜中、はたと目を覚ますことがあります。

「われわれのサービスはもしかすると逆効果ではないか?」
「来てくれているおじいちゃんおばあちゃんは、黙ってくれているだけで本心は違うのではないか?」


考えだすと眠れません。


こうなると毎回、
責任者である介護事業部長や事業所のスタッフに聞きます。

「そろそろ利用者さんの運動機能に変化は出てきた?」
「利用者さんは喜んでくれている?」

事業所のスタッフはみな口を揃えて、
「大丈夫ですよ。機能も少しずつ改善してきているし、皆さん喜んでくれていますよ。」
と自信をもって答えてくれます。

毎度ですが、私はスタッフの表情や言葉で少し安心します。
また何日かすれば、夜中に目が覚めるのですが…。


先日、事業所責任者の急用があったので
はじめて私が利用者さんを車で送迎することになりました。

昼下がりの厳しい日差しの中、
時間どおりにバス停で待ってくれていたおじいちゃんは、
運転席にいる私に、
「今日は○○さん(うちの責任者)はどうしたの?」
「○○さんは今日はお休みなの?」
「○○さんは事業所にはいるの?」と何度も聞かれました。


「帰りの送迎はいつもどおり○○さんといっしょですよ。」
「○○は事業所にいますよ。」
「たまたま、今日だけ私がお迎えに上がったんですよ。」
etc…


だいぶ長い時間説明差し上げた思います。
やっとおじいちゃんは安心されたのか、
「そうか…」と笑顔になりました。

私は、
こんなに楽しみにしてくれている利用者さんがいてくれること、
会うのを楽しみにされているスタッフがいることに、
うれしくなりました。

すべてのサービスの効果を計るのはとても難しい。
しかし、シンプルに「楽しい」と思ってもらえること、
運動能力向上を少しでも実感してもらうことを目標に、
やっていこうと思えました。

事業所の目的からすると全く趣旨が違いますが、
利用者の皆さんに「楽しみな時間」を提供できることも、
サービスのひとつであり、実はもっとも大切ではないか?

また、自問自答を繰り返します。

1/1

PAGE TOP