HOME >   介護・福祉レポート  >  悔しさをバネに

<< 異変 | main | 夢破れて >>

2018.10.26 Friday

悔しさをバネに

IMG_1134.jpg
広島カープが昨年の雪辱を果たし、
巨人とのクライマックスシリーズ ファイルを
3連勝で、日本シリーズ進出を決めました。

昨年もぶっちぎりでリーグ優勝を決めたのに
クライマックスシリーズでは4連敗で敗退、
選手とファンは、日本シリーズに出られない
悔しさを味わいました。

今年は見事にその壁を乗り越え、
シーズンそのままの力を発揮し、
圧倒的な強さで、リベンジを果たしました。

その中でも昨年のクライマックスシリーズで
悔しい想いをしたであろう2選手が、初戦で
活躍し、チームに勢いをつけてくれました。

打線の中心である4番としてホームランを打った鈴木誠也 選手、
エースとして勝利投手となった大瀬良大地 投手です。

昨年のクライマックスシリーズでは、
鈴木選手は、8月に守備で足首を骨折し、出場できませんでした。
大瀬良選手は、信頼を得られず、先発投手として投げることはできませんでした。

明日から日本シリーズでも、
この2選手が投打の柱として、チームを日本一に導く活躍を見せてくれること期待します。
悔しさをバネにして。

PAGE TOP