HOME >   介護・福祉レポート  >  パーキンソン病の治療

<< ますます長寿に | main | 強い広島 >>

2018.08.03 Friday

パーキンソン病の治療

国内におよそ15万人いるとされる難病のパーキンソン病について、
京都大学のグループが、iPS細胞を使った新たな再生医療の臨床試験を始める
ことになったそうです。

パーキンソン病は、ドーパミンという神経の伝達物質を作り出す脳の神経細胞が
失われる病気で、
パーキンソン病の4大症状として
 「振戦(ふるえる) 何もしていない時でもふるえる」
 「固縮(かたい) 筋肉の緊張が強くなり、手足の動きがぎこちなくなる。」
 「寡動・無動(おそい) 動作の開始に時間がかかり、動作そのものも遅くなる」
 「姿勢反射障害(ころびやすい) バランスを保持できなくなり、転びやすくなる」
が挙げられます。
現在、根本的に治療する方法はなく、薬で治療する方法が一般的です。

臨床試験では、ヒトのiPS細胞から作り出した神経の元となる細胞を脳に移植し、
細胞が神経細胞に変化してドーパミンを作り出すことで根本的に治療することを
目指すそうです。

iPS細胞を使った再生医療の臨床応用は、網膜の病気で実施されたほか、心臓病で
計画が承認されましたが、iPS細胞研究の中心となる京都大学自体が乗り出すのは
初めてのことで、一般的な治療法として保険適用を目指す臨床試験として行われる
ことも初めてのようです。

いよいよiPS細胞を活用した再生医療が次の段階に進むということで期待が高まります。
最近、製薬会社の動向にも関心を向けていますが、ガンに対する薬の研究開発も
進んでおり、日々、進歩している印象は受けます。

すたいる六甲をオープンして分かったことですが、パーキンソン病を患っている方は多いです。
いい結果が出て、良い治療法が早く確立されることを待ちたいと思います。

PAGE TOP