HOME >   介護・福祉レポート

2017.11.09 Thursday

たった150年

慶応3年10月14日。
江戸幕府第15代将軍徳川慶喜が政権返上を明治天皇に奏上し、
翌15日に天皇が奏上を勅許したといわれる『大政奉還』が行われました。

西暦にすると、1867年11月9日。
ちょうど150年前の今日です。
大政奉還から今年で150年ということで、京都では色々とイベントも行われているようです。

150年前には、ちょんまげの武士がいたということ。
この150年で、ここまで文明・文化が発達したということ。
たった150年です。驚きです。

これからもっともっと世の中は便利になっていきます。
無人化が進み、ロボットに頼る生活になってくるかもしれません。
道路は電動カートが走り、自動車は空を飛ぶ、
そんな超高齢社会が、まもなく、やってくるのかもしれません。

2017.11.03 Friday

戌年なので

来年が戌年ということで、
ソニーは犬型ペットロボット「aibo(アイボ)」を12年ぶりに復活させるそうです。

犬のワンワンにちなんで、
11月1日 午後11時1分に初回販売分の予約開始。
来年の1月11日に発売予定だそうです。
徹底されています。
そして予約開始から約30分で完売したとのこと。

高度な人工知能(AI)を搭載し、持ち主を覚えて駆け寄るなどより本物の犬に近い
感情表現ができるようになったアイボ、価格は21万3840円。

高いか安いか、妥当なのか、よく分かりませんが、エサがいらない、散歩に行かなくていいなど、これからの高齢社会において、手がかからない上に、ペットとしての役割を果たしてくれるという貴重な存在になってくるのでしょうね。

2017.10.30 Monday

お別れ

7年半、送迎車として乗ってきた車とお別れすることになりました。
以外に、名残惜しさはありませんでした。

プライベートでは、軽自動車。
送迎では、エルグランド。
なかなかの振り幅でした。

エルグランドで送迎。
面白い選択だったなと思います。

次は、もう少し小回りが利く車にチェンジします。
そういう状況になれたのも利用者さんのお陰です。
少し窮屈に感じるかもしれませんが、よろしくお願いします。

IMG_0755.jpg

2017.10.20 Friday

ネット選挙

22日、衆議院選挙が行われます。
季節外れの台風直撃で、投票率の低下に影響が出そうですが。

検索サイトなどを見ていると、政党の動画を目にする機会が増えてきました。
調べてみると、
平成25年4月、公職選挙法の一部が改正され、インターネットを活用した選挙運動
が解禁(施行は同年5月26日)されたようです。

混同しやすいのですが、
ネット選挙解禁とは「インターネットを使った選挙運動等」が可能になったという
意味で、インターネットを使って、投票ができるわけでは無いということです。

いずれ、ネットを使って投票ができれるようになるとは思うのですが、
超高齢社会を迎え、投票所まで行けない人が増えてきます。
特に、今回のように悪天候が予想される場合は、なおさらです。

恐らく、これまで投票に行かれていた方々が行けなくなってくるということかもしれませんし、
18歳に引き下げた若者の投票率を上げることにも繋がるのかもしれません。

いろいろと課題があるとは思いますが、早く、ネットで投票できるようになることを望みます。

2017.10.13 Friday

働き盛りなのにの体力が・・・

スポーツ庁が体育の日に合わせ、2016年度体力・運動能力調査を公表しました。

その中で、働き盛りの30~40歳代の体力低下傾向が、
ほかの世代よりも深刻であることが分かりました。

現行方式の体力テストになった1998年度以降の推移で、
男性は30歳代後半~40歳代前半、
女性は30歳代前半~40歳代後半
で低下傾向が見られました。

以前、40歳ばかりの体力測定に参加したことがあるのですが、
男女問わず、身体の硬い方がとても多く、将来、腰痛になる人が増えそうだなと
感じたことがありました。

自分自身もその年代になり、どこかで、「自分はまだ若い。まだ動けるはず」
と思い込み、健康に対して、説得力の伴わない自信があります。
それが『過信』だったということなのかもしれません。

また、食事が不規則になったり、生活リズムが乱れやすい年代でもあるので、
病気や痛みとなって出てくる前に予防が必要になってくるのだと思います。

分かっていても、予防には時間とお金を使いづらいのも事実なのですが。

逆に、高齢者(65~79歳)は、75~79歳女性の合計点が3年連続で過去最高を
更新するなど多くの項目で向上しているようで、
いかに体力を維持させることに取り組むか、
それに伴い、老後の時間をどのように使うかなど、
今のうちから考えておかなければいけませんね。

2017.10.09 Monday

体育の日

自分が小学生の頃、体育の日に運動会がありました。
しかし最近の運動会は、春に行ったり、秋でも9月の終わりから10月の初めにかけて
終わってしまうところも増え、「体育の日=運動会」ではなくなってしまった印象です。

そのため、体育の日の存在感が薄れてきたように感じたので、今回、調べてみました。

体育の日は、1966年に制定された祝日で、制定時は 10月 10日でしたが、
2000年から 10月の第2月曜日に変更されました。
ではなぜ、10月 10日かというと、 1964年に行われた東京オリンピックの開会日だった
からということのようです。

「スポーツに親しみ,健康な心身を培う」ことが目的の体育の日。
最近では、市民や地域の運動会や健康イベントが行われるようになってきており、
時代の変化を感じます。

2017.09.29 Friday

連覇

9月18日、広島カープがセ・リーグ連覇を決めました。
今年は他球団からマークされる状況の中、
計算していた選手の出遅れもありましたが、
最後はぶっちぎって優勝を決めてくれました。

1945年8月6日に広島に原爆が投下され、
1945年8月15日に終戦を迎えた5年後、
1950年に広島復興の象徴として球団ができました。
市民球団ということで、いつも資金不足の問題を抱えながら
やってきましたが、球団の努力の結果、
現在では、本拠地のマツダスタジアムでのチケットが
手に入らない状況です。

阪神間の阪神タイガースの盛り上がりとはまた違った
市民と街の一体感を感じます。
地域とスポーツが見事に融合した成功例だと思います。

次は悲願の日本一を目指して、頑張ってもらいたいと思います。
ひとまず、バンザーイ!

2017.09.22 Friday

敬老の日を迎えて

今年も敬老の日を迎えたので、高齢者数が発表されました。

65歳以上の高齢者数が3,461万人(平成28年9月15日現在推計)。
総人口に占める割合は、27.3%。

前年(3388万人、26.7%)と比較すると、
73万人、0.6ポイント増と大きく増加し、人口、割合共に過去最高です。

後期高齢者と呼ばれる75歳以上の数に注目してみると、
1697万人(同13.4%)で、59万人、0.5ポイント増となりました。

59万人増えたことをイメージするために、宝塚市の人口を例に挙げると、
宝塚市の人口が22.5万人なので、
3倍弱の増加と考えると、なかなかの数字だと感じます。

来月に衆議院選挙があると報じられています。
消費税を10%に増税し、増税分を今回は、子育て世代に活用するとニュースで見ました。
これまで、社会保障費の充実といえば、高齢者中心の施策だという印象だったので、
ここにスポットを当ててきたのは、これまでと違うのかなという印象です。
もちろん、消費税を上げることへの賛否はあり、経済ジャーナリストの多くの意見は、
増税反対のようなので、これから1ヵ月、動向を見ていきたいと思います。

2017.09.15 Friday

台風がやってきた

せっかくの3連休に、大きな台風18号が直撃しそうです。
専門家曰く、温暖化の影響で、
東シナ海の海水の温度が高くなっているそうです。
これにより、これまでは弱まっていた台風の力が
逆に力を蓄え、偏西風に流されてしまったそうです。

これまでの常識が通用しなくなるほど
地球の環境に変化が起こっていることを知らなければいけません。
今後は、台風が発生しなかった時期に発生するようになるのかもしれません。

一番の影響は、
広島カープが地元で胴上げできないかもしれないことです。

2017.09.08 Friday

デイサービスの事業所数

2000年に介護保険制度がスタートして以来、
デイサービスの事業所数は右肩上がりに増えてきました。

しかし、昨年度、初めて前年度を下回ったことが、
厚生労働省の「介護給付費等実態調査」の結果で分かりました。

今年3月の時点で全国に4万3,399ヵ所。
昨年3月の4万3,440ヵ所から41ヵ所少なくなっており、
小規模な事業所が初めて減少したことが大きな要因のようです。

小規模な事業所は、今年度に入っても減少を続けており、
4月が2万63ヵ所、直近の5月が2万28ヵ所。

デイ全体では、
4月が4万3,328ヵ所、5月は4万3,340ヵ所と持ち直しています。

予防に力を入れるため、小規模な事業所を増やしたことで、費用が増加。
国は小規模な事業所を中心に基本報酬を大幅にカットしました。

机上の空論は必要ないので、
本当にサービスが必要なところに、
必要なサービスが行き届くように、
自宅での生活を送り続けられるように、
モノとカネの分配をお願いしたいものです。

<< 2/23 >>

PAGE TOP