HOME >   介護・福祉レポート

2018.05.25 Friday

勧善懲悪

勧善懲悪を訳すなら、
スーパーヒーローというコトバが
相応しいと思っています。

意味は、
『善良な人や善良な行いを奨励して、
悪者や悪い行いを懲こらしめること』

今回の日大アメフト問題の経過を見ていると、
このコトバが頭に浮かんできます。

嘘つきな大人
卑怯な大人
最低な大人

中村主水がいたらなぁと思います。

2018.05.18 Friday

映画

IMG_1020.jpg
最近、阪神間にも映画館が増えたので、
半年に一度ぐらいのペースで、
日本の映画を観るようになりました。

大人1,800円は少し高い気がしますが、
時間帯や曜日によっては、お得になるので、
平日のレイトショーを利用しています。

まだ新しい映画でも、平日の夜だと、
ガラーンとした館内で、
周囲を気にせず、ゆったりと鑑賞できます。
気分転換にもなっています。

やはりテレビで見るよりも
映画館のスクリーンの方が
迫力があり、見ごたえがあります。
もちろん、映像もきれいです。

利用者さんの中でも映画が好きな方が多く、
その頃の娯楽が映画しかなかったそうです。

子供の頃、近くの映画館の前に置いてあった
寅さんの手書きの看板を思い出します。
当時は、映画館は少なく、子供向けの映画も少なく、
なかなか映画を観る機会もなかったですが、
今は子供でも気軽に映画を観ることができ、時代の変化を感じます。

それにしても、次から次に映画が作られていることが驚きです。

2018.05.11 Friday

人材不足

介護に携わる人材不足のニュース記事があったので、取り上げておきます。

人材不足は、団塊世代が85歳を超える2035年になると、
2015年の約20倍の79万人に達するそうです。
ちなみに今回は、経済産業省の試算です。

経産省の対策としては、
『要介護者とならないように予防するためには、民間企業が高齢者が参加したい
と思うような娯楽サービスなどを創出することや、そうした場の情報提供を活発
にすることが必要とみている。
介護士などの専門的な人材とは別に、施設などの介護現場でより簡単で補助的な
仕事に携わる「介護サポーター」を導入することで、人材確保につながるとしている。』
ということです。

結局、出生率の低下の問題でも
ずっと課題として挙げられていたのに、これといった打開策がなく、
結果が出せずにいるので、この問題もこのまま経過していくのかと
悲観的な見方をしてしまいます。

介護報酬の見直し等で、民間企業は撤退を始めていたり、
「ボランティアやNPOに」というフレーズもよく見ます。
そんな簡単に任せてはいけない側面もあり、
根本的には、対策は大きく変わっていないように思います。

色々と事情があるのだと思いますが、
予算の取り合いをするのではなく、
必要なところに財源を充て、
きちんとした対策を速やかに実行して欲しいと思います。
そう感じてしまいます。

2018.05.01 Tuesday

9年目

IMG_0890.jpg
すたいる六甲は、お陰様で、
今日から9年目に入りました。

介護保険制度の動きに不安はありますが、
振り落とされないように、
シッカリとしがみつきながら、

笑い声の絶えない、
明るい雰囲気の中で、
しっかりと運動のできる、

デイサービスらしくない
デイサービスを目指し続けていきます。

引き続き、よろしくお願いします。

1/1

PAGE TOP