HOME >   介護・福祉レポート

2018.01.25 Thursday

世界一のプレッシャー

水泳をやっている人なら、知らない人はいないと言ってもいいぐらいのスーパースター
マイケル・フェルプスさんが、うつ病に苦しんだという記事を読みました。

オリンピックで、200m個人メドレーで4連覇を果たす実力、
4種目とも速く泳げるという万能性、理想的な米国の元男子競泳選手です。

その記事で、「王者になるには何が必要か」という質問に、
「それなら簡単。努力すること、打ち込むこと、あきらめないことだ」
と答えていたことが印象的でした。
しかし、その反動も大きく、「五輪が終わるたびに気分が大きく落ち込んだ」そうです。
そして、うつの発作を経験し、薬物に手を出し、自殺寸前まで追い込まれたそうです。

世界中から注目され、オリンピックまでの4年間をその日のために費やし、
追われる立場で、結果を出し続けるという、
トップアスリートの重圧は想像を絶するのだと思います。
でも、生身の人間です。
トップアスリートにしか分からない、感じられない、
背負っているもの重みやプレッシャーがあるのだろうと思います。
光が当たって明るくなるほど、逆は真っ暗になっていくのかもしれません。

マイケル・フェルプスさんは、
それまでは、自分は話したくないこと、向き合いたくないことを常にしまい込み、
どこかへ片付けてしまっていたことを止め、気持ちを口に出し始めた時から、
「生きるのが楽になった」とそうです。

最近、日本の自殺者数は減少方向にありますが、まだ2万人を超えています。
1日50人以上のペースです。
貴重な命を失うことなく、もっと住みやすい国になることを願います。

2018.01.17 Wednesday

2018.1.17

今年もこの日がやってきました。
阪神・淡路大震災から23年です。
今の学生さんたちは、知らないということですね。

昨年、初めて、神戸市役所南側の東遊園地にある
「慰霊と復興のモニュメント」と地下の部屋を見てきました。
今まで避けてきたわけでもなく、
行こうと思って立ち寄った訳でもなく、
たまたま近くを通りかかって、寄ってみましたという感じでした。

神戸を離れて、10年以上が経ち、
生まれ育った長田の街には、もう、ここ何年も行ってません。
もしかしたら、心のどこかで避けているのかもしれません。

この体験と経験を
受け入れて、乗り越えようとしている自分と
もういいかなと、忘れようとしている自分。
ちょうどよいバランスが保てているような気がします。

でも心の支えになっていることには、変わりありません。
そんなことを思い巡らせる23年目の朝でした。
あの日は寒かったですが、今日は暖かくて雨ですね。

2018.01.12 Friday

闘将

特に野球界で存在感を発揮されていた星野仙一さんが4日に亡くなられました。
70歳という早過ぎる、惜しまれる年齢でした。

テレビ等で、星野さんの特集が放送される中で、ある言葉が紹介されました。

『迷ったら前へ。苦しかったら前に。つらかったら前に。
後悔するのはそのあと、そのずっと後でいい。』

迷った時、うまくいかない時は、一度、立ち止まり、
よく考えてから決断するという選択肢を選びがちですが、そうではない考え方。

とてもポジティブな考え方だと感じました。
自分なりに理解してみると、まずは動いてみることで、波を起こすことが、
状況の打開につながり、後悔しない選択ができるということでしょうか。

「とりあえずやれば、何とかなるし、なるようにしかならない」
と割り切って進むことがあります。

人は誰でも迷い、立ち止まります。
そんな時、背中を押してもらえる、とても力強い言葉だと感じました。

プロ野球コミッショナ―にふさわしいという方だったという話も聞きました。
プロ野球界をもっと魅力的に変えてくれる方だと思っていました。

ご冥福をお祈り申し上げます。

2018.01.04 Thursday

2018年 始動!

IMG_0803.jpg
6日間の年末年始休暇を過ごし、
本日より、すたいる六甲の2018年が
スタートしました。

皆様にとって、良い1年になりますように
良い1年となる お手伝いができるように

今年もよろしくお願い致します。

1/1

PAGE TOP