HOME >   介護・福祉レポート

2015.05.18 Monday

大阪都構想の結果から

昨晩は、投票結果をずっと見ていました。
とても僅差の結果で、最後まで目を離せませんでした。
大阪市民ではないので、無責任な意見になりますが、
個人的には、橋下市長の政界引退を残念に思います。

これからは、人口の減少により、どこの自治体も魅力ある
『まち創り』を進めて、人口を維持(奪い合い)していか
ないと、立ち行かなくなることは確実です。

ですので、これからは、どの自治体も市長の手腕が問われる
時代になると思います。
滋賀県のある市では、空き家を持つ人とそこで暮らしたい人を
マッチングする仕組み、そこで暮らすために農業で生計を立て
るための支援制度が、すでに出来上がっていました。

今回、府と市の二重行政が話題に挙がっていましたが、反対派
議員の二重行政なら今のままでも解消できるという、後出し
ジャンケン的な発言を聞くと、できるなら早くすればいいのに
と思わざるを得ません。

今回の動き、とても重要な問題提起になったと思います。
全てにおいて、これからの10年後、20年後、30年後を見据えた
市政を、真剣に考え、魅力のある、まちを創ることができるように
具体的なビジョンを提示して欲しいものです。

2015.05.11 Monday

今年も咲きました

IMG_0040.JPG
2012年、すたいる六甲のオープン時に頂いた
胡蝶蘭が今年も咲きました。

ここの空気、日当たりととても相性がいいようで、
きれいな花を咲かせてくれています。

2015.05.01 Friday

進むべき道

すたいる六甲は、今日から6年目に入りました。
ありがとうございます。

今後は、これまで以上に、介護保険制度の動向を見ながらの舵取りが必要になります。

国は、政府は、議員さんたちは、
社会保障制度も含めて、
何年先を見据えて進んでいくのか、
そこが大切だと思います。
根拠の無い大丈夫では、安心できません。
安心できなければ不安が募り、信用できなくなります。

『いつまでも自分の足で歩きたい』
『元気に長生きをしたい』
これらの想いに応えるため
これからも、すたいる六甲は、
ブレずに、これまでやってきたことをやり続けるだけです。

1/1

PAGE TOP