HOME >   介護・福祉レポート

2015.04.27 Monday

とある市議選挙

とある市でも昨日、市会議員選挙がありました。
投票率は、41.29%
なかなかの関心の低さでした。

貼られたポスターは33枚。
投票日の1週間前の日曜に貼られました。
なかなかの短期決戦でした。
1週間で33人の訴えを判断できるものかなと感じました。

議席数は26議席。
人口は23万人弱。
議員の数が多いような気がしますが・・・。

当選された議員さんには、しっかり議員の仕事に邁進してもらいたい、ただそれだけです。
オーストラリアでは、投票に行かないと、約5000円の罰金だそうです。
いずれ日本もそうなるのかもしれませんね。

2015.04.21 Tuesday

人口減

2014年10月1日現在の日本の人口が発表されました。
1億2708万3000人。
前年に比べ、21万5000人の減少です。
65歳以上の高齢者は、26.0%
75歳以上の高齢者は、12.5%

やはり、人口減は止まりません。
この大きな負の連鎖を断ち切るには、多少のリスクを伴うかもしれないですが、
規制緩和しかないのかなぁと思います。

2015.04.17 Friday

後見人という制度

最近、ケアマネージャーさんから後見人の申し立てについて相談を受けました。
申し立ては、以前に経験があったので、すぐに流れについての資料を準備し、渡しました。
来週、ご家族を入れて、説明をする予定です。

後見人は、
「認知症が増えている」
「未婚の方が増えている」
「親族と疎遠な関係になる人が意外に多い」
こういった傾向から
これからますます必要になってくると思います。

申し立てには、少し手間ヒマがかかりますが、
判断能力がなくなっても生活していくためには必要な制度です。

まずは、知ってもらい、相談することが大事だと思っています。

2015.04.13 Monday

介護報酬の改正

今月から新しい介護報酬がスタートしました。大幅で、複雑になったシステムに、
現場は未だ混乱しています。

今回の改正のポイントは、
身体的なケアが必要な方は、要支援。
認知症の方は、要介護。
そんな印象を受けました。

「予防することで介護が必要な方を増やさないようにしよう」から「認知症の方が増え、施設に入ることも大変なため、在宅でなんとか暮してもらおう」という方針転換をしたいのだと感じました。

まだまだ、進路の定まらない介護保険制度、柔軟な対応と見極めが必要だと感じていますが、できることをコツコツと持続させることに徹します。

2015.04.07 Tuesday

100で1500

IMG_0013.JPG
100歳の日本人女性が世界初1500mを完泳したそうです。
ちなみにタイムは、1時間15分54秒39。
しかも水泳を始めたのは、80歳。これにも驚きです。

中学生の時に、1500mの試合に出たことがあります。
その時のタイムが、20分ほど。
20分でしたが、単調で、孤独で、不安で、なんとも表現のしづらい気持ちになったことを思い出しました。

諦めない限りは、可能性はゼロではないということ。
限界は、自分で決められるということ。

それを実感した素晴らしいニュースでした。

1/1

PAGE TOP