HOME >   介護・福祉レポート

2014.12.29 Monday

仕事納め <2014>

今年も残りわずか。
今日で仕事納めとなりました。

今年の目標の振り返りと来年の目標を決める時期にきました。

プライベートの目標は、3つのうち、2つ達成できましたが、
仕事の目標は、1歩進んで、1歩下がったので、来年へと持ち越すことになりました。

来年の目標も決まったので、2015年へ向けて進んでいきたいと思います。

今年も多くの方にお世話になり、ありがとうございました。
来年もどうぞ宜しくお願いします。

2014.12.22 Monday

介護報酬、引き下げへ

来年の4月から、介護報酬の全体の引き下げ幅を3%前後で調整
していくことが決まったようです。

国家公務員の給与とボーナスの引き上げは決まり、
国会議員の数は減らない、
という前提での話題だけに
なんだか納得がいかない気持ちです。

本当に困っているところに税金が使われない印象がとても強いです。
後にツケを回すことが得意なので、将来、シワ寄せが来るのでしょう。

介護が必要な人は増え、
介護の仕事する人は減り、
動き始めた時には手遅れだった、
すべてこの繰り返しなんですかね。

2014.12.17 Wednesday

過去最低

衆議院選挙が終わりました。
ほぼ、予想通りの結果なのでしょう。
最近は、各メディアの情報合戦がすごく、早々に予想を発表してしまうことも、
選挙を白けさせてしまう要因の一つなのかもしれません。

投票率が発表になりましたが、
小選挙区選は、52.66%
(戦後最低だった前回2012年の59.32%を6.66ポイント下回る)
比例選は、52.65%
(前回を6.66ポイント下回る)

小選挙区選の当日の有権者数は、1億396万2784人
投票者数は、5474万3097人
棄権者数は、4921万9687人
ということになりました。

この「選挙離れ」現象をなんとかしないと、このままでは良くないと思います。
諦めさせている政治の責任か、
関心を持てない国民の責任か、

ネット選挙の解禁など、新しい仕組みを真剣に考えないといけない時なのでしょう。

2014.12.11 Thursday

一票

141202_195128.jpg
この冬は暖冬らしいですが、寒さが厳しくなってきました。

神戸では、ルミナリエも始まり、年末に向けて慌ただしく感じる反面、あちこちで綺麗なイルミネーションを見ることができ、いい季節になってきました。

今週末は衆議院選挙です。

自分なりに各政党の公約をチェックしたり、討論番組を見たりして、情報収集を行っています。

新聞による予想報道を見ると、行っても行かなくても一緒かなと思ってしまいますが、将来の国政を託すことになるので、しっかりと意思表示をするために一票を投じてきます。

残念な投票率になることは避けて欲しいのですが…。

1/1

PAGE TOP