HOME >   介護・福祉レポート

2013.11.27 Wednesday

MCI

131106_081004.jpg
MCIとは、軽度の認知障害のことを現すそうで、400万人がいると言われています。

MCIの高齢者は、記憶力や判断力など認知機能は低下しているが、3~4年後に5~7割の人が認知症に進行していたそうです。
一方で、4割程度が5年後に正常な認知機能に回復したとの報告もあります。

MCIの基本的な考え方は、
1 正常でもないし、認知症でもない。
2 本人や家族から、記憶力や判断力など認知機能低下の訴えがある。
3 複雑な日常生活動作に最低限の障害があっても、基本的な日常生活はできる。
この3点が基準となっています。

頭を使って手足を目的通り動かすことで、脳を活性化させることが大切なようです。
もちろん、すたいる六甲でもやっています。

体を動かすためには脳からの信号が必要ということですね。

2013.11.08 Friday

見えない力

131024_081339.jpg
楽天ゴールデンイーグルスが日本一になりました。
東日本大震災から2年が経ちましたが、
復興に向けての大きな力と支えになったと思います。

同じように、阪神・淡路大震災の時には、オリックスが日本一になり、勇気づけられました。

復興を願うたくさんの想いが、見えない力となって、選手を後押しするのかもしれません。
また、チームも、より強い結束力で一つにまとまるのでしょう。

チーム結成から、わずか9年での日本一。
しかも分配ドラフトで、オリックスが優先的に選手を選び、残った選手から始まったチームです。

そういった背景がありながら、巨人を倒しての日本一。
感慨深く、見応えがありました。

2013.11.01 Friday

技術の進歩

131027_152111.jpg
最近のニュースやCMを見ていると、自動車技術の進歩には驚くばかりです。

危険を察知すると、自動でブレーキがかかる車が出始め、
今後は、自動で運転してくれる車まで出てくるようです。

ここまで機械技術が進歩すると、人間の力が信用されていないのでは、とも感じてしまいます。

便利になればなるほど、失われることも出てきます。

バリアフリーによって段差がなくなると、歩きやすい反面、段差を越える力やバランス力が落ちてきます。バリアアリーが見直され始めているのも理解できます。


便利だからといって利用するのではなく、必要な人が必要な機能を選択することが大切になってくるのかもしれません。

1/1

PAGE TOP