HOME >   介護・福祉レポート

2013.10.21 Monday

高齢ストーカー

131016_083525.jpg
全国の警察が被害者からの相談や事件化によって認知したストーカー被害は、約2万件と年々、増加傾向にあります。

増加傾向にあるストーカー被害の中でも60歳以上の加害者が急増しているそうです。

加害者の大半は男性、
60歳以上の増加率は、昨年までの10年間で3.8倍に昇ります(10代から50代までの各増加率は1.5~2倍)。

ここでも「寂しさ」「孤独」がキーワードになっており、死別や離婚などから起こる社会的な孤立が、事件に影響を与えていると考えられるそうです。

世代における特徴を踏まえながら、どのように繋がりの関係を築いていくかが課題だと思います。

2013.10.15 Tuesday

70代 過去最高

131011_073031.jpg
文部科学省が、2014年度の体力・運動能力調査の結果を公表しました。

その結果、70歳代の体力は過去最高の平均合計点でした。
65歳から69歳の男性は上昇、女性は低下していました。

測定種目は、
 握力
 上体起こし
 長座体前屈
 開眼片足立ち
 10m障害物歩行
 6分間歩行
です。

残念なことに、
30代の男性と女性は低下傾向にあり、
色々な点において、将来に不安を残す結果となりました。

こちらの格差も解消が必要です。

2013.10.07 Monday

馬も同じ

130927_205548.jpg
先日、阪神競馬場に行ってきました。
実際のレースが見れるので、
じっくりとサラブレッドを観察してみました。

まずは、パドック(騎手を乗せずに周回する)から観察しました。
お尻周りに筋肉がつき、ピシッと引き締まっている馬の成績が良かったです。

次に、実際に走るコースでの返し馬(騎手が乗ってウォーミングアップの走り)を観察しました。
首を上下に動かし、脚とのタイミングもピッタリで、全身を上手に使って走る馬の成績が良かったです。

首(上半身)を使わずに脚だけで走る馬、
首(上半身)は使っているが、脚(下半身)とのリズムがバラバラの馬、
は結果が伴っていませんでした。

結論、人も馬も同じでした。
全身を使い、力まずに、上半身と下半身をスムーズに連動させることで、持てる力を発揮することができるのです。

競馬の場合、騎手の力にも左右されるので、
そのあたりをもう少し研究すれば、連戦連勝も夢ではないかもしれません。

1/1

PAGE TOP