HOME >   介護・福祉レポート

2012.11.26 Monday

復帰

121121_194420.jpg
今月、3名の利用者さんが膝の手術を受け、復帰されました。

手術を決断されるまでの葛藤を近くで見てきたので、本当に良かったなぁという気持ちです。

術後、間もないため、膝に違和感や痛みがあるそうですが、積極的に運動に取り組まれています。

その想いに応えようと、メニューの見直しや運動を提供しているところです。

暖かくなる頃には、違和感なく動かせるように、全力で関わっていきたいと思います。

2012.11.22 Thursday

過去最多の更新

121118_112046.jpg
厚生労働省は21日、
全国で生活保護を受けている人が
8月時点で213万1011人と、
4カ月連続で過去最多を更新したと発表しました。
受給世帯も155万5003世帯で過去最多となったそうです。

受給世帯の4割以上が65歳以上の高齢者世帯。
母子世帯や障害者世帯などの受給も増加。
平成20年のリーマン・ショック以降、増加傾向が続いており、厚労省は「高齢者の増加に伴って、今後も増加していく可能性が高い」と分析。

来月、衆議院選挙があります。
「景気対策」も重要課題の1つです。

これだけ物が充足している社会において、
本当に景気がよくなるのか、
単純にそう思ってしまうのですが、政治家の皆さんに何とかしてもらいたいと思います。

2012.11.19 Monday

記録の壁

121118_114304.jpg
最近、片付けをしていると、水泳少年の頃の懐かしい記録書が出てきました。

専門はクロールでした。
高校の途中で情熱が尽きたのですが、
100mクロールで何度、挑戦しても1分の壁を切ることができませんでした。

切れるスピードはあったのに、1分0秒台までは出るのですが、最後の壁を越えれませんでした。

自分の中にいくつか目標があります。
その1つが45歳になったら、もう1回チャレンジしてみようという目標です。

技術でカバーするしかない年齢で、厳しいとは思いますが、限界を決めず、もう一度、挑んでみようと思っています。

「年齢は関係ない!」といつも言っているので、それを体現しなければと思っています。


(写真)雨上がりの有馬です。紅葉の真っ赤な絨毯ができていました。

2012.11.12 Monday

介護の日

11月11日は介護の日。
ご存じでしょうか?
恥ずかしながら、認識不足でした。

高齢者や障害者に対する介護の理解と認識を深めるとともに、介護をしている人を力づけ、
地域社会で支え合う必要性を啓発する日、だそうです。

誰もが考え、何らかしら携わる可能性が高いことなので、この日が、世の中にうまく馴染んでいけばいいなと思います。

2012.11.01 Thursday

生きるということ

年を重ねるにつれ、
体は傷み、疲れて、思い通りに動かなくなります。
その中で、うまく付き合いながら、生きていかなければなりません。

元気であればいいですが、一人でできないことが増えてくると、周りの協力が必要です。

人が生きていくということは大変なことです。
現実は、きれいごとでは済まされないことも多いはずです。

支える側と支えられる側とが手を取り合って、一緒に進むことが大切です。

そんなことを、ふと考えた今日でした。
40年後、自分がその年齢になった時に、どう感じているのかが気になります。

今日から11月。
おせち料理や年賀状の案内を見かける機会が増えてきました。

121021_134741.jpg












(写真)
あまりにも気持ちの良い空だったので、武庫川から宝塚の街を撮ってみました。

1/1

PAGE TOP