HOME >   介護・福祉レポート

2012.09.18 Tuesday

3000万人突破!

総務省統計局は9月16日、敬老の日を迎えるにあたり、統計から見た日本の高齢者動向をまとめたレポートを発表しました。
それによると、日本の65歳以上(高齢者)の人口は、
2012年9月15日時点で、3074万人となり、初めて3000万人を突破しました。
総人口に占める割合も24.1%で過去最高となっています。

前年同日の2972万人から102万人も増加しています。
大都市が1つできたイメージです。
これは「団塊の世代」のうち1947年生まれの人が高齢者層に仲間入りしたのが原因のようです。
いよいよ「団塊の世代」が高齢者入りということは、一気に加速することが想定されます。

100歳以上については、すでに厚生労働省が「初めて5万人を超えた」と発表しています。
どんな時代になるのでしょうか。とりあえず5年先が気になります。

120918_193513.jpg

2012.09.10 Monday

体で覚える

120907_195451.jpg
9月に入り、朝が涼しくなり、トンボをたくさん見かけます。
まだまだ暑い日が続きますが、秋は確実に近づいています。

すたいる体操の中に
『椅子からの立ち座り運動』があります。

毎日、必ず一度は機会があり、何気なく行っていると思われる椅子からの立ち座り動作ですが、実は、正しいやり方があります。

正しい体の使い方をすれば、たくさんの筋肉が手伝ってくれるので、ラクに安全に行えます。

しかし、正しく体を使わなければ、膝や腰に負担がかかり、できる力があってもうまくいきません。

そのために、正しい体の使い方を頭で理解し、体が覚えるまで、ひたすら反復します。
この反復が、積み重ねとなり、自分のモノになります。

今日、利用者さんから嬉しい話を聞けました。
立ち上がる際に、心配して手を貸してくれようとした人を断り、一人ですっと立ち上がると、非常に驚かれ、すごいと喜んで貰えて嬉しかったという話です。
最近、体で覚えることができました。

年齢ではなく、やる気と諦めない気持ちが大切ということを改めて感じました。
限界をきめるのはやはり、自分ということですね。

1/1

PAGE TOP