HOME >   介護・福祉レポート

2012.08.28 Tuesday

認知症

120807_174436.jpg
認知症高齢者が305万人に達しているという発表が厚生労働省からありました。
これは65歳以上の10人に1人の割合になるそうです。

2002年の149万人から10年で2倍という従来の予測を大幅に上回るペースでの推移となりました。

長期入院を回避するための新しい取り組みが準備されているそうですが、今回の結果を反映したスピード感のある対策を期待します。

後見人を必要とする方の情報を見ていると、
在宅で生活を送ることの難しさや大変さ
親族の協力が得られることの大切さ
近所や地域のサポート
制度の充実
など、多くのことを感じます。

これからも増え続けるであろう認知症高齢者は、少子高齢社会の日本においては避けて通れない問題なので、自分自身も力になれるように、準備を怠らずに、できることをやっていきたいと思います。

2012.08.21 Tuesday

タイミング

お盆も終わり、8月も下旬に入りました。
すたいる六甲でも13日~15日までお盆休みを頂き、土日を入れて5連休となりました。

休み明けの16日、入り口横に置いてあるプランターの花が満開になっていました。(写真)
これまで水を与え過ぎだったのか、すごい勢いで咲きました。

タイミング、難しいです。

手を差しのべることは簡単ですが、
それが必ずプラスになるとは限りません。
それが、ご本人のリハビリを妨げているのかもしれません。
でも、本当に必要なことなのかもしれません。

以前に学んだカウンセリングでも「沈黙を待つこと」が大事でした。
ずっと教えてきた水泳でもタイミングが合わなければ、泳ぎが崩れます。

その瞬間を見逃さないようになりたいものです。

120821_070940.jpg

2012.08.10 Friday

介護サービス利用者数

120729_121508.jpg
2011年の介護サービス利用者数が517万人と発表されました。

介護保険のスタートした2000年4月が149万人でしたから、現状を数字が物語っていると言えます。

介護保険が目指している
『利用者本位によるサービスの選択』
をより進める上でもサービスの選択肢が増えることは必要だと思います。

今後も事業所は増えていくと思いますが、特色を持ち、様々な需要に応えていけるように質を高めていくことが、業界全体に求められてくると思います。

すたいる六甲は、そのつもりです。

2012.08.06 Monday

平均寿命に求めること

120720_205458.jpg
日本人女性の平均寿命が世界1位から2位になりました。

85.90歳で香港(86.7歳)に抜かれての2位ということで、かなりハイレベルな争いになっています。東日本大震災の影響が大きいようですが。
ちなみに男性は、79.44歳て世界8位。
男女とも香港が世界一になりました。

この結果こそ、2位でもいいのではないかと思っています。
その分、質にこだわるべきだと思います。

「いかに元気に年を重ねるか」
ここだと思います。
寝たきりにならないように体を動かし、
色々な社会サービスを前向きに活用し、
積極的な生活を送ってもらう。

これにより、老後の生活への不安が蔓延している今の日本において、
明るい未来の光になるのではないかと思います。

1/1

PAGE TOP