HOME >   介護・福祉レポート

2012.07.31 Tuesday

オリンピック

120727_071224.jpg
4年に1度の祭典が始まりました。
きっと寝不足の方も多いと思います。
この4年で新しく出てきた選手もいれば、
前回の悔しさをバネに戦ってきた選手、
メダルの期待を背負って挑む選手など、
人生を懸けたアスリートのさまざまなドラマがあります。

4年に1度とは、よくできてるなと、つくづく思います。

4年あれば、年齢、経験、体調の波、技術など、変化していることが当然だからです。
その状況において、変化に対応し、進化し続けることができ、結果を残しているという凄い人たちにしか踏み込めない領域なのだと思っています。
ましてや連続出場というのは、トップで居続ける強さがあるわけです。

見ている側は、どうしてもメダルを期待してしまうのですが、結果は関係なく、選手のパフォーマンスを応援していこうと思います。

また、普段見ることのないスポーツを見る機会でもあるので、楽しみたいと思います。

2012.07.27 Friday

こども

120727_071211.jpg
昨年、全国の児童相談所で対応した児童虐待の対応件数は、過去最多の5万9862件になったそうです。
前年より3478件も増えています。

子供の数は減っているのに虐待件数が増えているという、このアンバランスな状況をなんとかできないものかと思います。

いじめの問題もそうですが、どれだけ周りの人が気づき、勇気を持ってアクションが起こせるのかにかかってくるのかもしれません。

未来の宝をもっと大事に、もっと大切に、
社会や大人が責任感を持って、守っていかないといけないということを、この数字が訴えていると捉えるべきなのかもしれません。

☆オープンした時にいただいた胡蝶蘭、
  満開です(写真)

2012.07.23 Monday

階段

120705_185944.jpg
目標を達成するために、何段かの階段を設定するようにしています。

早く、てっぺんに昇りたくなりますが、
急がば回らなければなりません。

そのためにやることは、基本の徹底です。
地味ですが、これを疎かにすると、
昇りきることはできません。

繰り返し、繰り返し、その時は分からなくても、昇りきって振り返った時に分かるものなのかもしれません。

☆オープンした時にいただいた胡蝶蘭、
 今年も咲きました(写真)

2012.07.18 Wednesday

支援と介護

120711_204615.jpg
現在、介護保険の介護度は、
7段階に分かれています。
要介護が5段階(要介護5 が最も重い)。
要支援が2段階(要支援1 が最も軽い)。

一見、7段階を同じ物差しで見てしまいがちですが、介護と支援では、捉え方が少し異なります。

自分なりにまとめてみると、
「介護は、第三者の手助けがないと生活に支障をきたす」
「支援は、頑張れば何とか自分でできるが、今の生活を持続するには、サポートが必要」
といった感じです。

また、言い換えてみると、
「支援は、ご本人のためのサービス利用」、
「介護は、ご本人のためのサービス利用に、家族の負担軽減も含む」
という表現もできるかなと思います。

利用者さんですら、介護保険料が年金から天引きされていることを知らなかったり、
医療保険と介護保険がごっちゃになっていたりする現状です。
もっと明確で、分かりやすい制度であるべきだと思いました。

2012.07.11 Wednesday

すたいるリハビリ運動

120704_072918.jpg
すたいる六甲では、毎日、
『すたいるリハビリ運動』を提供しています。

『すたいるリハビリ運動』とは、以前にも触れた「すたいる体操」と個別運動を組み合わせた全身運動を指します。

個別運動では、マシンやボールを使って、
「すたいる体操」ではできない下半身を中心とした細かい運動や改善が必要な部分への運動を行います。

つまり、改善が必要な部分への運動を中心ではなく、全身運動によって、姿勢の改善、正しい体の使い方を習得することを中心に進めます。

具体的には、
全身や動きを見て、改善が必要な部分の原因となる箇所の改善を目指します。

圧迫骨折や骨の変形などにより、姿勢の改善に限界がある場合は、現状の維持と負担箇所の軽減を目指します。

日常生活に欠かせない立ち座り動作、その方に適した歩き方の習得を目指します。

これが、介護予防 (寝たきり予防) の運動と考えています。

転倒は、骨折、寝たきりにつながるため避けなければなりません。
しかし、「何もしない=転倒しない」とうことではいけないので、転倒予防と同時に、転倒した時に軽傷ですむような とっさの一歩や一手 が出せる、そこまで踏み込んだ内容を提供したいと思っています。

2012.07.04 Wednesday

指導

120611_060718.jpg
教える内容は何であれ、
指導は難しいものです。

雰囲気を作り、
知識を持ち、
ボキャブラリーを豊富に、
コミュニケーションを図り、
熱い想いで、
分かりやすく伝え、
結果を出す。

ここまで完結して『指導』だと思っています。

これらの質を高められるように、
日々、勉強です。

1/1

PAGE TOP