HOME >   介護・福祉レポート

2011.04.30 Saturday

心・技・体

4月29日、東日本大震災の発生から50日目。
仙台市を拠点にする2つのプロスポーツチームが震災後初めてのホーム戦を開催し、それぞれ勝利するという最高の結果を残しました。
プロ野球・楽天はオリックスと対戦し3-1で勝ち、田中将大投手が完投勝利。
サッカーJ1・ベガルタ仙台は浦和レッズを1-0で破り、これまで勝ったことのなかった浦和レッズから初勝利を挙げました。
また、16年前の阪神大震災の年には、当時、神戸市を拠点とするオリックスが優勝しました。

「精神力(心)・技術(技)・体力(体)」とは、よく使われる言葉です。
復興に向けて、全ての方向性が一致した時の相乗効果は、計り知れないものがあります。
特に、気持ち。前向きな強い気持ちが、より体を動かし、力を引き出すのでしょう。
モチベーションをしっかり持つことの大切さを改めて感じました。

2011.04.25 Monday

間もなく・・・

いよいよ4月の最終週に入り、GW前のため街中がそわそわし始める頃でもあります。
しかし、すたいる六甲は、祝日は関係なく営業しますので、送迎時に道が混むことを心配する程度です。

すたいる六甲は、今週を終えると、開設1年を迎えます。
溢れるような熱い想いをエネルギーに前進し、たくさんの方に支えられ、何とかここまで来ることができました。気持ち的には、ウイニング・ランの気持ちにもなりますが、ここで、満足するつもりはありませんので、きっちりと今週を終え、セカンドステージに突入したいと思います。

2011.04.11 Monday

さくら

先週の後半から一気に桜が咲き始めました。
毎日、送迎のため、車で走っていると開花状況がよく分かります。

昨年、摩耶ケーブルの南にある桜トンネルの存在を知ったので、
今年はぜひ見てみたいと思い、開花のタイミングを計っていました。
先週末、満を持して、通ってみました。
ジェットコースター並みの坂を下りながら、海も視界に入れながら、
くぐる桜のトンネルは、まさに、絵にも描けない美しさ、でした。

送迎で張り詰めた気持ちが、ホッと和らぐ、いい季節になりました。

2011.04.05 Tuesday

憧れ

日曜日に、宝塚の西谷という自然いっぱいの、のどかなところに行ってきました。
ある方の家にお世話になったのですが、自宅に釜があり、ピザを焼いてくれるということで、
ヨモギの葉や土筆などを集めて、トッピングして食べました。
近くには畑もあり、ほうれん草など野菜を作っておられ、まさに自給自足の生活でした。
憧れる生活で、「いつか自分も…」と思いながら帰路につきました。

そこに、プールと、すたいるフィットネスがあれば、言うことなしです。
いずれ、我が社の農業事業と福祉事業で具現化していきたいと思います。

1/1

PAGE TOP