HOME >   介護・福祉レポート

2018.11.23 Friday

衝撃

衝撃でした。
「鹿児島県の住宅型有料老人ホームで、入居者が1ヶ月間で6人死亡していた」というニュース。

更にニュース読んでいくと、
「この施設では、8人いた介護職員が賃金面の不満や内部的なトラブルにより、相次いで退職。
日中は併設するクリニックの看護師らが、夜間は施設長がほぼ1人で対応していた状態だった」
という驚きの内容。

ずっと続く、深刻な人手不足。
多くの入居希望者が待機していてもスタッフが集まらないために受け入れられない現実。
人の命を預かり、生活に密着するため、誰にでもできない仕事。

これからも起こり得る事件だと思います。
なかなか擁護することはできないニュースだとは思いますが、
現実の問題として、しっかりと受け止めないといけないと感じました。

1/1

PAGE TOP