HOME >   介護・福祉レポート

2019.05.17 Friday

フォルテピアノ

先日、フォルテピアノの演奏会に行ってきました。
初めて、フォルテピアノを知りました。
現代のピアノの古いバージョンのような感じでしょうか。
「古楽」というジャンルになるそうです。

そのピアノで演奏された
ベートーヴェンの ソナタ第21番「ワルトシュタイン」という曲が素敵でした。
調べてみると、作曲されたのは200年前のようです。

ベートーヴェンのに限らず、
昔の偉大な作曲家の曲が、今でも演奏され続けています。
それだけ素晴らしい作品を生み出されたんですね。

2019.05.10 Friday

10連休明け

10連休が終わりました。
少し長かったように感じましたが、
新元号を迎えた、お祝いムードの中、
どこも混雑したようで、お金が世の中を回ったのなら良かったです。

でも、何かモヤモヤと、腑に落ちません。
それは、当然なのですが、休みの人と働いている人がいるからです。
国民全員が休めたら平等ですが、そうではないからです。

最近は、1月1日から店が開いています。
一度、国民全員が休んでみたら、どんな風になるのか興味があります。
店は全て閉まり、公共交通機関も全てストップ。

前日までに買い溜めたもので生活する、
近所の公園で遊ぶか、ゲームをするぐらいの娯楽しかありません。

しかし、普段の生活のありがたさを実感できると思います。
災害時のシュミレーションとしても経験しておくと役に立つかもしれません。

2019.05.03 Friday

10年目

すたいる六甲は、お陰様で、
5月1日から、いよいよ10年目に入りました。

ここまで、あっという間でした。
10年と考えると、
よくやってこれたなと自画自賛な気持ちもありますが、
利用してくださる利用者さん
それを支えてくれているスタッフ
のお陰です。

社会に必要とされるサービスを提供し続け、
皆さんのお役に立つことができ、
笑いながら、お話ししながら、
一緒に過ごせた時間が
素敵な人生の1ページを彩れたら
嬉しいなと思います。

2019.04.26 Friday

「令和」へ

明日から、10連休が始まります。
そして、「平成」が終わり、「令和」が始まる日を迎えます。

平成の時代を振り返ると、
やはり阪神大震災の被災が一番に出てきます。
次は、スタイルエージェントの起業。
周りの環境の変化とタイミングが合致して、
一歩を踏み出すことができました。

平成元年に14歳になり、平成30年が43歳。
人生における基礎を積んできたのが、平成の時代だったのかなと思います。

令和の時代に大輪の花を咲かせられるように、
令和の次の時代を迎えれるように健康管理を怠らず、
自分の中でも区切りと捉え、進んでいきたいと思います。

2019.04.22 Monday

顔ぶれ

昨日、市会議選挙がありました。

ちょうど先週の日曜日にポスターが貼リ出され、
選挙活動がスタートしました。
ポスターの顔ぶれは、33人。
立候補者が多く、それほど広くない市内のあちこちで選挙カーを見かけました。

平日は神戸にいるので、立候補者にはほとんど会う機会もなく
結局、公報から選ぶことになります。
スーパーのチラシからお買得品を見つけ出すような感じです。

もしかしたら、選挙演説よりも公報作りに力を注いで、
しっかりと目立ち、アピールできる内容に仕上げることが当選への近道なのかもしれません。

33人から1人を選ぶことは大変だと思っていましたが、
隣の市では、立候補者は、56人。

紙面から、これだけの人数から、
適任者を選ぶのは、難しいなと感じました。

2019.04.12 Friday

お花見

IMG_1386.jpg
今年は長く桜を楽しむことができました。

送迎中にお勧めのスポットを通って、
車内からですが、お花見をしました。

季節を感じることは大切で、
感動できることは幸せなこと、

だと改めて感じました。

2019.04.05 Friday

城ができました

IMG_1375.jpg
IMG_1377.jpg
尼崎城が完成しました。

阪神の尼崎駅の南側すぐのところです。
ホームからもよく見えます。
思っていたよりも立派でした。

尼崎市は古くは城下町として、
近代以降はものづくり産業として栄え、
かつて尼崎藩は、須磨までを領地とし、
大阪城の西の備えとして尼崎城が
築かれていたという歴史があるそうです。

大阪に負けないよう
もっと兵庫にも活気が出るといいですね。

2019.03.29 Friday

その通りです

3月18日、最高裁判所が、
「成年後見人には、身近な親族を選任することが望ましいとの考え方を示した」
というニュース記事を見ました。

成年後見制度とは、認知症などで判断能力が十分ではない人に代わって、
契約をしたり、お金の管理をしたり、生活のサポートをする制度で、
親族や専門家などによる第三者が担ってきました。

10年前からこの制度に関わってきたので思うことですが、
身近な親族が選任される方が、その方のことをよく分かっておられるだろから、
その通りだと思います。
第三者が選任されても、その時点からの事しか分からないし、
これまでのことが、正確な情報として、入ってこないこともあります。

でも、遠方のためにこまめに動けなかったり、疎遠な関係になっているなど、
親族がいても担うことができないケースがあることも事実です。
体調を崩して入院されると、入院手続きに行かなければいけないし、
最近は、仏壇の処分や墓じまいも行いました。

この制度を利用したい人は多く、担い手が不足しているのが現状です。
自分自身の関わりも含めて、より活用され、より良い制度になって欲しいです。

2019.03.22 Friday

引退

IMG_1362.jpg
今朝の新聞・テレビは、
この話題でもちきりでした。

イチロー選手の引退。

45歳まで、大きなケガが無く、
プレーできたこと、
その体調管理とプロ意識が、
これまでの記録以上に、
素晴らしいとことだと感じます。

今後、どのような形で、
野球と関わっていかれるのか
興味深いところではありますが、
最後はやっぱり、1年でいいので、
日本で、オリックスのユニフォームで、
プレーする姿が見たいです。

2019.03.18 Monday

年に1度の・・・

先日、年に1度の健康診断に行ってきました。

昨年は、とある個所に異常が見つかり、再検査をしました。
結局、異常なしでしたが、診察結果を聞けるまでの数日が、嫌な感じでした。

つらいつらい胃カメラにも耐え、今、見る限りは、特に問題ありませんと
言ってもらえました。

広島カープが今年の沖縄キャンプを打ち上げる際、會澤選手が挨拶で
「過信・慢心は最大の敵」と話したという記事を読みました。

まさに健康に関しても、この言葉が当てはまると思い、
最近、色々と心がけて行動するようにしています。

昨日、見事なアーチ状の虹が見れました。
IMG_1351.jpg

1/30 >>

PAGE TOP